キャンプ初心者講座

キャンプ初心者のキャンプ場の選び方

未経験の人がキャンプをする場合、まずはもっとも基本的なこととして、キャンプ場と一口にいっても複数の種類があることを把握しなくてはいけないでしょう。
主な種類としては、普通のキャンプ場とオートキャンプを挙げることができます。

 

よく普通のキャンプ場とオートキャンプ場の違いが分からないという人がいますが、普通のキャンプ場はテントを設営する場所より離れた位置、キャンプ場のエリア外に車やバイクの駐車スペースがあります。
テント脇(テントサイト)に自動車で乗り入れることが許可されていないのが普通のキャンプ場の特徴です。

 

一方のオートキャンプ場は、テント脇に自動車で乗り入れることが可能となっているのが特徴です。
普通のキャンプ場とは異なり、キャンプ用品を運ぶ手間がなく、雨天時などには車にすぐ退避できるのが魅力です。

 

また、キャンプ場の分類の仕方としては、オートキャンプとディキャンプに分けることも可能です。
オートキャンプは宿泊をするキャンプのことであり、デイキャンプというのは日帰りでするキャンプのことをいいます。

 

その他、キャンプ地にも様々な種類があり、河川、湖畔、海、山間、森林、高原を挙げることができます。
河川なら魚釣り、山間ならトレッキングといった具合に、キャンプ地ごとにできることは変わるでしょう。

 

以上のことから、キャンプ場といっても色々ですので、普通のキャンプかオートキャンプか、はたまたデイキャンプにするのかをまず決めることが大切です。

 

そして河川のキャンプ地にいきたいのかなど、目的に応じていく場所を決めると楽しんで帰ってくることができるでしょう。