キャンプ初心者講座

料理の幅が広がるダッチオーブンを使ってみよう

ダッチオーブンは鋳鉄製の蓋付鍋のことをいい、キャンプ場でのアウトドアクッキングなどで使われています。

 

この鍋が一つあるだけでたくさんの料理を作ることが可能なので、キャンプ初心者の人でも存分に美味しい食事を楽しむことができるのです。

 

ダッチオーブンの特徴を簡単に説明すると、圧力鍋と同じような使い方をすることができる他、蒸す、煮る、焼く、炒める、茹でる、揚げるなど、ほぼ全ての調理方法をこなすことが可能です。

 

サイズは複数あるため、キャンプなどの野外料理で使用する際には、食事を摂る人数に応じて大小を選択すると良いでしょう。

 

なお、このダッチオーブンですが、購入してすぐに調理を行えるわけではないという点に注意が必要です。
シーズニングの作業を行わなくてはいけませんが、ここでやり方を紹介します。

 

まず最初に、ダッチオーブンを洗剤で二度洗いします。
この作業は製品に塗布されたサビ防止ワックスを取ることを目的に行いますので飛ばしてはいけません。

 

二度洗いしたあと十分に乾かしたら、ダッチオーブンの裏表全体に植物油をキッチンペーパーなどで薄くのばし、弱火で1時間程度加熱します。
時間が経過したら火を止めて冷めるのを待ちましょう。

 

ここまでを1セットとし、あと2セットほど植物油を塗り、加熱したあと冷ますという行程を繰り返しましょう。

 

それが済んだら軽くダッチオーブンに油をひいて、くず野菜を炒める作業を2セット行います。
これをやると鉄のニオイが解消されますので、確認して大丈夫だと思ったらダッチオーブンをキッチンペーパーなどで拭いて油を薄くのばします。

 

これでシーズニングは完了ですので、あとは好きなアウトドアクッキングに挑戦しましょう。